読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンギンの谷

あんまり大したことは書いてないです

男性に贈るとしたら

身の回りのもの 文房具

お題「男性へのオススメのプレゼント」

 

三日坊主防止のため今回もお題を使用。

そういえば最近毎日暑かったり寒くなったりして体調崩しそう。

 

 

はじめに

男性にプレゼントというものをあげたことがあまりなく。

数歳上の兄はいるけれど兄とはあまりプレゼント交換しない(私も兄も酒好きなので物を送り合うより飲みに行く)。

付き合った人も前の記事で書いた唐揚げの香りの人と今付き合っている人の計二人。でも付き合っている相手ってその時々で「これが欲しい」とか本人から言ってきたりするから、本当にゼロから考えることってあまりない。

あと今大学生なのだけれど、あまり男友達がいない。(女友達もあまりいないけどそれは別の話)

でも女の子はアクセサリーとか化粧品とか可愛いお菓子とか、あげたら楽しそうなもの沢山あるなって思う。

男の人ってそういう「お手頃で、かつ贈ったら楽しそうなもの」があまりない。

男性に贈るプレゼント特集みたいなの、クリスマスの時期にいくつかインターネットの記事で見たけれど、名刺入れとキーケースとネクタイと時計…くらいしか提案されてなくて、「うーんこれってネタ尽きそう」って思った。

時計も名刺入れもそんなに沢山持つものではないだろうし(時計マニアの人は沢山持つかもしれませんが、時計マニアの人に時計贈るのはちょっと怖い)、幾つか持っててもあんまり不自由しなくて、かつ、楽しいものがいいなあと思う。

 

そこで提案

これは完全に私が今ハマっているからという、本当にそれだけなんだけれども。

でも、もし一万円しない値段でプレゼントを組めと言われたらきっとこうする(でも一万円しないくらいってちょっとプレゼントには中途半端な金額かもしれないので役に立たないかも)

ズバリ、万年筆とインク。

万年筆、最近KAKUNOとか(千円で買えるポップな万年筆。最近くまモンのとかがある。かわいい)の登場でちょっぴりブームなので、文房具の沼に住んでる人とかもう絶対通過済みだとは思うけれど。

万年筆を具体的に何にするか。

それはもう、王道中の王道だけれど、LAMYのsafariがいいと思う。

定価は4000円くらい。Amazonだと軸の色によっては安く買えたり。

f:id:penguinvalley:20170218183229j:plain

↑ペンハウスのHPから。オレンジ色かわいい。

持つところがカキカタ鉛筆みたいになってて、正しい万年筆の持ち方が覚えられる。

あと軸の素材がレゴと同じ?だった気がする。軽くてツルンとしていて私は好き。

万年筆は探して行くとキリがないくらい値段が高くなっていくけれど、入門としては丁度いいくらいの価格帯だと思う。

色は定番が7色くらい。私はホワイトを使ってます。

f:id:penguinvalley:20170218224424j:image

白かわいい!もっとパステルカラーぽいのあったら女の子も手が出しやすいかもしれないけど、今回は男の人へのプレゼントの話なので‥‥

 

↓LAMYの公式ホームページはこちら

ラミー サファリ | ラミー・LAMY

あともっと高級性を打ち出した軸のLAMYアルスターとLAMYルクスというものがあって、そちらは軸がピカピカしていて素敵なのだけれども(特にルクスのピンクゴールドはiphoneみたいでかわいい)、値段が機能の割に高いなーと思ってしまうので、とりあえずsafariをお勧めします。

f:id:penguinvalley:20170218184203j:plain

ファッションプレスより。本当にカラーリング、iphoneみたい。

さらに提案

万年筆の世界を更に深くしているのは、インク!

普通のサインペンみたいにぱちっと嵌めるカートリッジインクだけではなく、万年筆はコンバーターというインク吸入器を使えば好きな色のインクを使うことが出来る…!

特にPILOTが出している色彩雫はLOFTとか東急ハンズとかでも置いているので、すごくメジャー。

f:id:penguinvalley:20170218184551j:plain

↑こちらもペンハウスHPより

日本の自然に合わせたネーミングと色で、とっても綺麗。

私はノートやメモを取ったりという用途に使っているので、ブルーブラック系しか使っていないのだけれど、ブルーブラック系でも、月夜や深海など素敵な色が沢山。月夜は人気ナンバーワンとのことだけれど、色の切ない感じがたまらない。

一色買うと本当に他の色も欲しくなってしまうので、贈った相手をインク沼に引きずり込むことが出来る。すごい。

あと色彩雫はミニボトルもあって、三色選んで箱に入れてもらうこともできるので、プレゼントにうってつけだと思う。

(ちなみにLAMY用のコンバーターは800円くらい。これもAmazonや少し大きい文房具店に売ってるはず)

さいごに

あと、東京の蔵前にあるカキモリという文房具店では、オリジナルの透明な万年筆とオリジナルインクのセット販売をしていたと思う。このオリジナル万年筆を試したことはないのだけれど、もともとセットになっているならお手頃でいいかもしれない。

たのしく書く人。カキモリ

↑HP。すごく人気の文房具店みたいで、平日の昼間に行ったけれどもとても混んでいた。壁に万年筆が沢山飾られていて、試し書きができるので楽しい。

 

最近はパソコンやスマホであんまり手書きをしない、というのがあるかもしれない。

けれど、私は万年筆を買ってから(万年筆を使いたいがために)わざわざ日記を始めたり、大学でのノートを万年筆で記すようになった。

相性のいい紙だと、本当に引っかかりなくサラサラ書けるので楽しいし、インクも綺麗で気に入った色だと心がほっこりする。

 

男性へのプレゼントにはあまりバリエーションがないため、男性でもハマれる…ということで万年筆とインクを思いついたのだけれど、普通に女の人でもこれを貰ったら嬉しいんじゃないかな。私は嬉しい(それはそう)